イチョウ葉エキスが注目され始めたのは1960年以降です。ドイツのシュワーベ博士という人が、研究に研究を重ね、イチョウ葉エキスの抽出に成功したからです。めまいや痴呆症、耳鳴りなどの治療薬として、ヨーロッパでは前々からイチョウ葉エキスが用いられています。医薬品の認可を受けているのですから、信用の高さがわかります。

アメリカでは健康補助食品として販売されています。「集中力、記憶力を高める」「血管の機能を良くする」などの表示で販売されているのです。イチョウ葉エキスが広く認められている物質であることが、これらのことからもよくわかります。

脳機能の改善効果を期待して、イチョウ葉エキスは日本でも高い評価を受けています。まだ医療品としては確立されていませんが、脳の機能が改善されれば痴呆症に効果があると考えられています。

イチョウ葉エキスは、13種類ものフラボノイドや、ギンコライド、テルペンといった成分が含まれていて、その種類は豊富です。イチョウ葉エキスは、認知症の予防や改善に役に立つフラボロイドを多く含んでいるのです。

脳の血の巡りが悪くなると脳機能障害を起こし、痴呆症を引き起こすことがあります。予防策として、血の巡りをよくする必要があります。血液サラサラ効果で有名なフラボノイドですが、血液がサラサラになり全身くまなくゆきわたることで脳のも血が届き、痴呆防止に役立ちます。

もちろんフラボノイドだけではなく、他の成分との複合的な作用の効果です。とはいえ、自分に一番合ったサプリメントを選ぶことが大事です。イチョウ葉エキスだから何でもいいというわけではありません。

話題の商品だからと深く考えず、目の前にたまたま並んでいたものなどを適当に選ぶのはよくないですよ。


イチョウ葉エキスいろいろ

甜茶(てんちゃ)を飲んで家族健康

明日葉茶についてご紹介

話題のサプリメント特集

体のお悩み解決サプリメント

健康に役立つサプリメントの知識